はとむぎ雑記

はとむぎ雑記

気になったことを書きます。

【食材編】バーベキューのおすすめ食材はこれ!

f:id:hatomugi-neko:20190613220727j:plain

どうも、はとむぎです。

 

夏に定番のバーベキュー! 家族や友達と集まって、飲んだり食べたりとワイワイ楽しいですよね。私も好きで、子供の頃から年中しています。

 

今回は、バーベキューで失敗しない定番&おすすめの食材を紹介します。

 

 

バーベキューでおすすめの食材はこれだ!

お肉

タン

f:id:hatomugi-neko:20190615194203j:plain

 サッと焼いて塩コショウをしてレモンで。厚切りのタンにすると食感がとてもいいです。ポイントは、繊細な味を最大限に楽しむために、網がキレイな内に焼くことです!

 

ハラミ

f:id:hatomugi-neko:20190615194549j:plain

 牛肉の中でも定番です。カルビと比べ赤身が多く脂が少なめなので、しつこくない味で、万人受けです。

 

カルビ

厳選 【 黒毛和牛 雌牛 限定 】 牛 カルビ 焼肉 500g

 ジューシーな牛肉のうまみが口いっぱいに広がります。脂身が多めなので、生のサンチュやキャベツで巻いて食べるのもオススメ!

 

サーロイン

f:id:hatomugi-neko:20190615194945j:plain

 ステーキ用として、大きなカットをされていることが多いです。ステーキは、カットの手間はありますが、レアで楽しむことができ、写真映えもします。

 

ホルモン

f:id:hatomugi-neko:20190615195139j:plain

 旨みと食感が楽しいですよね。脂のうまみを楽しめる小腸(マルチョウ・コテッチャン)と、噛み応えのある大腸(シマチョウ)がありますのでご注意を。

 

もも肉

 鶏肉といえばもも肉が鉄板!たれでも、塩コショウとレモンでも楽しめます。むね肉は安く、焼きたてならおいしいですがあまりお勧めしません。ぜひもも肉を!

 

せせり

 首の後ろの部位です。ジューシーでもも肉とはまた違った食感を楽しめます。

 

手羽

 工夫をしても食べるときに手が汚れますが、塩コショウで味付けしたものにかぶりつく楽しさもあります。好みが分かれます。

 

レバー・ハツ

 これも好みが分かれますが、新鮮なレバーは濃厚です。

 

豚バラ

 豚といえば豚バラ。比較的、脂身が多いので量は少なくてもいいでしょう。

 

豚トロ

瀬戸牧場産 豚トロ(焼肉用 100g)

 脂が旨い。豚の頬から肩の部分です。これも、少量でいいでしょう。

 

ラム肉

 変わり種です。癖がありますが味の変化を楽しめます。どこにでも売ってないので、ネットで買うか、大きめのスーパーへ。

 

ウインナー

 子供から大人まで誰もが楽しめる食材。パリッとした皮が癖になります。

 

 

魚介

エビ

f:id:hatomugi-neko:20190616224546j:plain

 殻付きの大きなエビを買います。香ばしい香りが食欲をそそります。殻を剥くときに手が汚れますが、定番です。

 

イカ

 輪切りになったものを買うと焼くだけです。塩味はありますので、レモンをしぼってさっぱりと。

 

牡蠣

 季節が限られる場合が多いですが、海の旨みがたっぷりでおいしいです。食あたりになるのでよく焼いてください。焼いている途中で殻がはじけるのでご注意を。

 

サザエ

 高級ですが、コリコリして美味しいです。焼いて醤油をたらすだけ!殻から取り出す時の竹串なども忘れずに。

 

サンマ

 安いし、秋の新物の生サンマは脂ものって最高です。焼いた後は、網に魚の香りが移るのでバーベキューの終盤がいいです。

 

ホタテ

f:id:hatomugi-neko:20190616224646j:plain

 殻ごとのホタテを焼いて、醤油をたらすだけ!案外、簡単に殻から身を外せるので手間が少なくオススメ。

 

あさり・はまぐり

 そのまま焼くだけではなく、百均のアルミプレートで酒蒸しもできます。

 

 

野菜

キャベツ

 生で食べても焼いてもよし。焼きそばの具材にもなります。

 

トウモロコシ

f:id:hatomugi-neko:20190616224746j:plain

 豪快にかぶりついて野菜の甘みを楽しんで!初めに電子レンジでチンしてから持っていくと、焼き目をつけるだけです。醤油を塗ると香ばしくGOOD!

 

ナス

 切って焼いてもおいしいですが、そのまま焼く、焼きナスもジューシー。

 

シシトウ・ピーマン

 少しの苦みが癖になります。シシトウなら切らずにそのまま焼きます。

 

そら豆

f:id:hatomugi-neko:20190616225036j:plain

 外の厚い皮ごと網の上で焼いて、外皮の中から出し塩をつけて。薄皮はそのまま食べられます。やけどに注意!ほくほくした豆の旨みがたまりません。

 

エノキ

 アルミホイルの中にエノキと塩コショウ、バターを入れ蒸し焼きに。グツグツと音がし始めたら食べごろのサインです。

 

エリンギ

f:id:hatomugi-neko:20190616225159j:plain

 手で割いて、網で焼きます。コリコリした食感とジューシーさが人気の理由です。

 

シイタケ

 軸を取って片面をじっくり焼きます。シイタケのエキスが出できたら、塩か醤油で。肉厚のものがおいしいです。

 

カボチャ

f:id:hatomugi-neko:20190616225819j:plain

 薄くスライスして焼きます。柔らかくなったら食べごろ。ホクホクです。

 

ニンジン・モヤシ

 ニンジンは薄く切って焼くのもいいですが、焼きそばの彩りの具材としても。

 

【調味料・その他】

焼肉のたれ

 必須です。甘口/中辛/辛口がある場合は、複数の辛さがあると安心です。醤油ベース、味噌ベース、塩だれなどいろいろあります。

 

レモン

 鶏もも肉や豚トロ、イカなどをさっぱり食べたいときに。

 

塩コショウ

 ステーキだと塩コショウのシンプルな味付けがおいしいです。レモンで食べる場合の鶏もも肉・豚トロの味付けやエリンギバターなどを作る際にも。

 

焼きそば麺

 シメの焼きそばを作る際は必要です。ソースとセットのものが売っていて便利です。鉄板や百均のアルミプレートなども忘れずに。

 

マシュマロ

 竹串にさして残り火で焼きます。焦がさないように!

 

ジュース・お茶

 足りなくなったら面倒なので、多めに買っておくと安心です。キャンプの場合、お酒を飲んだ後の夜は喉が渇きます。

 

お酒

f:id:hatomugi-neko:20190616225458j:plain

 キンキンに冷やしたビールは最高! 運転手は飲めません。キャンプの場合だとそんな心配はないです。解放感と非日常感でテンションが上がって飲みすぎないように。

 

 

 

さいごに

 私はよくキャンプやバーベキューをしますが、買い物は当日にスーパーで考えるので食材の買い忘れがたまにあります。あらかじめ、リストを作っておくと安心ですね。

 

 よいバーベキューを!