はとむぎ雑記

はとむぎ雑記

気になったことを書きます。

【これで完璧】メルカリ出品のコツは?どうやったら売れる?

どうも、はとむぎです。

 

皆さんメルカリ使っていますか?不用品を売ったり、珍しいもの・欲しいものを買ったりできる便利なアプリです。

 

今回は「メルカリで売れるようになる出品のコツ」を紹介していきます!

 

 

 使い始めた頃は、メルカリでは買う事がメインでした。今でも変わったものをたまに買います。

hatomugi-neko.hatenablog.com

 

 ある時、何となく出品してみた全巻セットのマンガがスグに高値で売れたのです。(ブックオフなら全部合わせても小銭なのに…!) その後、要らない雑貨・おまけ・いっぱい手に入った不用品などを売っていきました。

 

そしてこれまでの取引数がついに1400件を突破!そんな私が売れるためのコツを紹介していきます。

 

 

コツ1. 綺麗な写真を撮る

 実物を見ることができないネットでの取引にとって、見た目は購入率の上がるポイントです。

 

 例えば、商品をさまざまな角度から撮った写真を、加工アプリやデフォルトの写真アプリで加工します。

 

 加工といっても形を変えるわけではなく、暖色系にしたり、彩度を上げてハッキリした写真にすると良いです。

 

iPhoneの場合は、綺麗に見える彩度調整だけならデフォルトの写真を選択→編集→右上のマークをポチッと。他もこれだけで調整できます。

・文字を入れる時は「Fotor」というアプリが便利です。

 

 

コツ2. 送料込みにする

 送料込みにすることで、全部でいくらなのかがハッキリするので購入率があがります。

 

 出品する自分にとっても、送料がハッキリした方が安心です。出品した以上の値段になると赤字になりますから。たとえ要らないものであっても、どうせならプラスにしたいですよね。

 

 小物の送料はそれほど高くないです。

 

 

コツ3. 相場を調べる

 メルカリで過去に売れている同じようなモノの相場を調べて、それと同程度の価格設定にします。

 

 低価格のものなら、表示された時点でスグに購入されることもありますが、相手も基本的には調べて購入します。早く買ってもらいたいなら調べてからがオススメです。

 

 

コツ4. 説明文を丁寧に書く

 説明文が丁寧に書かれていることも大事です。出品の際に、商品の状態(新品・傷や汚れありとか)を簡単に登録できますが、ここでももう少し細かく書いた方がいいです。

 

説明文で出品の理由や傷・シミ・動作確認等も含めて丁寧に書いていた方が好まれます。

 

例えば、こんな感じです↓

「着たのは1回のみです。ネット通販で購入しましたが、サイズが合わなかったので出品します。」

「購入後、2年間リビングに飾っていました。部屋の模様替えで不要となったので出品します。あまり目立たないですが傷があります。2枚目の写真でご確認ください。」

 

書くことリスト

・送料込みか

・商品の状態(傷、汚れ、使用頻度など)

・いくらで買ったか(定価とか)

・なぜ売るか(親近感わきます)

・値下げは可能か

・「お気軽にコメント下さい」

 

 

コツ5. 綺麗にしてから出品する

 写真を撮る前に、食器や小物の場合はホコリを除いて拭いたり洗ったりして綺麗にしてから出品してください。

 

 加工してぼかしたり、写真で分からないようにするのはNG。トラブルのもとです。

 

 

コツ6. 売れる時間に出品する

 経験上、夜中や朝の出品より18時から23時がよく売れます。

 

 というのも、新しく出品された商品は、各ジャンルのタブや検索結果で上の方に表示されます。その為、見ている人が多い時間帯がいいのです。

 

(おそらく大丈夫ですが、商品名や説明のワードによっては、機械的に検索飛ばしに合います。商品を見た人の数が、1日経っても0人だとくらってるかも。)

 

 

   いかがでしたか?

   やっぱり一番大事なのは値段で、次に写真だと思います。丁寧な説明が、トラブルを避けることにも繋がりますしwin-winです。

   よいメルカリライフを!