はとむぎ雑記

はとむぎ雑記

気になったことを書きます。

【めっちゃ生えてくる】夏にしいたけを育ててみた

 

f:id:hatomugi-neko:20190815215150j:plain
どうも、はとむぎです。

 

今回はAmazonで売っている「菌床栽培のしいたけ」を育ててみた話です。

 

 

栽培まで。

Amazonで購入

 Twitterでしいたけを育ててる人を見かけ、興味を持ち早速Amazonでポチります。

 

 昔、祖母が原木しいたけを納屋の北側で育てていて見るのが楽しかった記憶がありました。

 

 購入したのは↓

Amazonにて購入。ちなみにおかわりの菌床のみでも安く販売しています。

 

栽培条件の落とし穴!

 ほとんど調べずにすぐポチッたので落とし穴がありました。

 

 荷物はクール便で届きました。箱には中で育つから届いたらすぐに育てて下さいとの注意書きが。

 

中には

・栽培ブロック

・栽培容器

・丁寧に書かれた説明書

が入っています。

 

 その説明書に、オススメの栽培温度は日中が20ー23℃、夜間が18℃以下と書かれています。

 

今は8月。

最高気温は35℃!ダメだ…あつい。あつすぎる…

 

 Amazonのレビューにも真夏に育成している方がほぼいませんでした。30℃を超えてしまうと菌糸の成長がなくなり、弱ってしまうそうです。

 

クーラーをつけっぱなしで栽培

 クーラーのつけっぱなしにはやや抵抗がありますが、どのくらいかかるのかってのも検証してみたかったので24時間つけっぱなしで挑戦。

 

 8月に入り夜も30℃を超える熱帯夜。普段は夕方から朝までだけクーラーをつけています。

 

設定温度は、

日中と夜が26℃。夕方は暑いなって感じたら25℃に下げました。

 

実際の栽培温度は?

 昼と夜にある程度の寒暖差をつけつつ、27℃以下を目標としました。クーラーの設定温度をしいたけ適温の23℃にするのは寒すぎるので、保冷剤を使います。

 

 届いた時の箱に栽培容器を入れ、容器とダンボールとの間に保冷剤をいれます。

f:id:hatomugi-neko:20190815212958j:image

夜は350gの保冷剤を四隅に置き、計4個。

測定温度は20℃から15℃でした。

 

昼は350gの保冷剤を対角に置き、計2個。

測定温度は約25℃でした。

 

 保冷剤は半日は持たないので、クーラーの風がよくあたる部屋の真ん中においていました。窓際は暑い!

 

 乾燥しないように1日に1回だけ霧吹きで表面を濡らします。

 

いざ栽培開始!

初日。まずは水洗いと浸水。

f:id:hatomugi-neko:20190815212054j:image

 軽く表面を洗って、30分程度水につけます。もともと湿っているので重さはそれほど変わりません。

 

 8月3日の夜から栽培を始めました。栽培容器にいれるとこんな感じ。

f:id:hatomugi-neko:20190815212538j:image

 

 

栽培2日目。

 しいたけがうじゃうじゃ生えてきます。なんだか怖いです。

f:id:hatomugi-neko:20190815214222j:image

 浸水作業の時にブロックが浮いていた為か、浸かってなかったと思われる面が生えませんでした。

 

栽培4日目。

 ぎゅうぎゅうになってきました。筋トレしてる人の親指サイズです。

 ぶつかっている部分を間引きます。ハサミでブロックギリギリの部分を切ります。

f:id:hatomugi-neko:20190815215215j:image

f:id:hatomugi-neko:20190815214712j:image

 

栽培5日目。

 観察が楽しい。一晩で分かりやすく成長しました。大きいものはスーパーに売っているサイズです。

f:id:hatomugi-neko:20190815215150j:image

 

f:id:hatomugi-neko:20190815215301j:image

 

 もう間引きというか収穫です。10本収穫!

 比較しやすいように昨日と同じお皿です。

 

栽培6日目。

 デカい!凄い! 大きさに関係なく、かさが開くと収穫時期だそうなので全て収穫しました。

f:id:hatomugi-neko:20190815215556j:image

f:id:hatomugi-neko:20190815215603j:image

  今日は大きいのが30個。親指大のサイズが10個です。

 

 

最終的には50個+間引き数個でした。

めっちゃ生えてきて楽しい!

 

 説明書にはしいたけの発生まで2週間かかるとも書かれていましたが、収穫まで6日とあっという間に終わりました。

 

 ツルツルしたり白くなったりうねったり小さいままだったりと日当たりなどの条件によって変わるようです。

 

気になる電気代は?

 参考までに、部屋にあるクーラーは6畳用の100Vのものです。3本のではなく普通のコンセント。

 

【条件】

・24時間26℃でつけっぱなし。

・たまに25℃。猫様がドアに飛びついて勝手に開けて出ていくので、たまにドアは開けっ放し。

 

【結果】

1日120円。6日間なので720円でした。広い部屋ではないので、つけっぱなしの方が安いという訳では無いですが、まぁ想定内の値段です。

 

 

美味しく頂きました。

しいたけのチーズ焼き。

 比較的小さなものは醤油をたらしてチーズをのせオーブントースターでチン。最後に黒胡椒をかけて完成!

 ジュワーと汁が溢れてきます。美味い!

f:id:hatomugi-neko:20190815215953j:image

 

 なすとしいたけの炒めもの。

 ゴマ油とカツオ節のいい香りがします。キンキンに冷えたビールがすすむ!

f:id:hatomugi-neko:20190815220247j:image

( これ簡単だしとっても美味しかったので、あとでレシピを書きたいと思います。)

 

 残りは食べきれないので、DAISOの150円の野菜ネットを使って乾燥しいたけにしました。5日間ネットで干してジップロックで保存。

f:id:hatomugi-neko:20190815234022j:image

 

 さいごに

 小学生の時に育てたアサガオやきゅうりのように、大きくなる過程を見守るのがとっても楽しい!短期でグングン成長します。

 

 お子さんの観察日記や自由研究にオススメ。ぜひ試してみて!